常に考えるクセを付ける「PDCA」

 

こんばんは!

成田です。

 

本日は、

「考える大切さ」

というお話ししたいと思います。

 

後出しジャンケンは最強!

 

僕は皆さんと同じく、

・Amazon.com 仕入れ
・ebay仕入れ
・ネットショップ仕入れ

 

少し手間をかけて、

・セラー直接仕入れ
・メーカー仕入れ

など、

0からの商品ではなく、

すでに世の中にある商品を仕入れて
販売しております。

 

その中でも、

売れている商品を仕入れて販売して利益を得ております。

 

この方法は、いうなれば
「後出しジャンケン」のような方法です。

 

負けない商品を安く買う

 

これだけです。

 

この方法は、
非常に優れたビジネスモデルだと僕は思っています。

 

ですが、弱点もあります。

 

後出しジャンケンの弱点

 

それは、

オリジナル商品では無いがゆえに
条件が合えば、誰でも仕入れる事が出来る

ということです。

 

僕の仕入れている商品は、

仕入れがむずかしい商品もありますが、
すでに世の中にある商品です。

 

ですので、

基本的には誰でも
仕入れが出来る可能性があります。

 

せっかく自分が仕入れた商品に
ライバルセラーがどんどん参入してくる

という事態はよくありますね。

転売では「あるある」ですね。

 

対処法としては、

セラーが増える前に売り切ることが出来ればベストです。

 

セラーが増えそうだと思う商品を
見極める事ができるようになれば、売り抜けることは簡単です。

 

ポイントとしては、

モノレートのセラー数の変動グラフをみて
今後どうなっていくか、よく考える事です

よく考えることです。

大事なことなので
2回言わせてもらいました。

 

これは本当に大事です。

セラーの変動には、ある程度のクセがあります。

 

商品カテゴリやランキングなどで、
ある程度はわかるようになってきます。

ですが、このクセは、法則というより、

経験則といった類のものなので、
なかなか言葉で表すことは難しいです。

 

常に思考するクセをつけよう

 

だからこそ、

よく考える事が大切になってきます。

 

セラー増減の理由

赤字になった理由

黒字になった理由

急に売れた商品の売れた理由

 

なぜこの結果になったのか?

理由はなんだったのか?

 

毎回毎回、

いちいち考える事が、
ビジネス力をつける事になります。

 

考える力がつくと、

セラーの増減などは、すぐにわかるようになります。

 

Amazon転売だけではなく、

楽天やネットショップを始めた際にも必ず役立ちます。

 

PDCAサイクルは本当に重要

 

僕らは社長です。

副業でも、このビジネスでは社長です。

 

雇われの従業員ではありません。

 

社長の仕事は考えることです。

 

考えて実行し、確認して改善する。

PDCAというヤツですね。

 

PDCAとは

「PDCA」とは、
「Plan=計画」「Do=実行」「Check=評価」「Action=改善」の
4つの英単語の頭文字で、「PDCAサイクル」とも呼ばれます。P→D→C→A→P……といった具合に、4つの段階を循環的に繰り返し行うことで、仕事を改善・効率化することができる方法と言われています。

 

このサイクルを意識してビジネスを行なって行くことで、

大きな利益をあげることにつながっていきます。

 

大きく稼ぐ為にも、

「日々、考える」を意識していくことをオススメします。

 

今回は以上となります。

ありがとうございました。

 

成田 光

 

お役に立ったら、クリックお願いします!
↓ ↓ ↓


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村 ブログランキングへ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■発行者:成田 光
■メルマガ:http://tanaka-ko1.com/imp/lp/tbs1/
■連絡先:info@tanaka-ko1.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


PAGE TOP