Amazonトップセラーの商品

 

工場見学で感じたこと

 

先週は中国の深センの
アマゾンセラーなら誰でも知っている
超有名ブランドの約60%の商品を制作している工場に
船原さん達と一緒に行ってきました。

僕自身、このブランドは良く購入するので、
作っている現場を見ることができたのは、素直に嬉しかったです。

「ずっと売切れで買えなかった、あの商品が目の前で作られてるぅ~!」

みたいな 笑

あと、アマゾンTOPブランドの工場のサイズ、
規模感を実感できたのは大きなプラスでした。

僕の感じた率直な印象は、同じレベルにいくのは

”死んでも無理”では無いかなと。。。

100m走でオリンピック出るの絶対に無理だけど、
マイナースポーツなら死ぬ気でやれば出れるかも。

例えるならこんな感じ。

もちろん、超大変だけど、
そのレベルに近づくことはできそうだと感じれたことが、
工場視察の一番の収穫だったかもしれません。

 

ビジネスに合わせた”いいとこどり”がおすすめ

 

そもそも、僕は、
「工場とかいかなくてもいいかな~」派です。

わざわざ海外にいくのは大変ですし、お金もかかります。

今の時代、工場やメーカーとはインターネットからでも十分繋がれますし、
信頼できる業者がいればそれで問題ないです。

僕の友人でも、工場に行ったことないけど
月利500万円とか普通にいます。

効率を重視するならネットのみでいいかもしれません。
特にビジネスの初期段階で、工場やメーカーを訪問しても、

・なにを話せばいいのか?
・なにを聞けばいいのか?

あまりビジネスが進んでいない場合は悩むと思います。

とはいえ、
実際に行ったら行ったで得るものはあります。

結局どっちなんだよ!!
とツッコミが入りそうですが、、、 笑

———————————
ビジネス初期はネットのみ。
中級者になったら訪問もする。
——————————–

一つのやり方に固執するのでなく、
いいとこ取りでミックスした方法で、やっていくといいです。

・走り出しは電気。
・安定走行中はガソリン。

ハイブリッド車のように、いいとこ取りがおすすめです。

 

自分だけの独自の方法を見つける

 

いいとこ取りするには、
ある程度、両方のやり方を知っておく必要があります。

そのためには、情報収集は必須です。

もちろん、

一つにことに集中して取り組む時期は必要ですが、
情報の遮断はやめたほうがいいです。

現代の情報スピードはとてつもなく早いので、
あっという間に浦島太郎になってしまいますので、
情報感度を下げないようにしましょう。

あと、特別なパターンとしては、
生来の気質として、人とガンガン仲良くなれるようなコミュ力が高い人は
最初から工場やメーカーにいってもいいと思います。

直接合って、盛り上がって、仲良くなれれば最高です。

結局、ビジネスに正解はないです。

利益を出している方は
皆さん独自の方法をもっています。

守破離の「守」は大事ですが、
いつまで「守」ではブレイクできないので、
オリジナルの「破離」を目指していきましょう!!

 

今回は以上となります。

ありがとうございました。

田中 光一

 

◯編集後記◯

 

香港デモの影響なのか、
香港→深センの入国審査に手間取りました。
出国時の羽田でもなぜか手荷物検査が厳しかった。

それを1%クラブのメンバーに話たら、
「風貌のせいだよ!」と言われました。。。笑

 

★★LINE友達大募集中★★

友達登録はこちらをクリック

友だち追加

もしくは「@ko-1」でID検索

※今なら11個のマル秘テンプレート
【輸入ビジネス完全スターターキット】を
受け取ることが出来ます(期間限定)

僕への連絡や相談は、
LINEであればすぐに返信できます!

 


お役に立ったら、応援クリックよろしくお願いします。

ブログ継続のモチベーションになります!!
↓ ↓ ↓


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村 ブログランキングへ


フエール人気ブログランキングへ

■発行者Facebook:田中 光一
■メルマガ登録:メルマガ登録フォーム
■連絡先:info@tanaka-ko1.com


 


PAGE TOP