交渉スキルは一生モノ!

 

こんばんは!

田中です。

 

本日は、

「交渉スキルを磨こう」

というお話ししたいと思います。

 

相手と折り合いをつけるのが交渉

 

セラーやネットショップ、
メーカーから仕入れする時って、

仕入れ価格仕入れの個数を中心に
様々な条件を出し合いながら相手と折り合いを付けていきます。

 

もちろん、こちらが有利になるように、
話し合いを重ねていくわけですが、
なかなか条件が合わない場合もあります。

 

何度も何度もやり取りをして、

・やり取り大変だから少し妥協しようかな~
・もういい加減決めたいな~

という気持ちになることもあります。

 

大きめのメーカーの場合だと、
パワーバランス的にこちらが弱いことも多いので、
今までで最長1ヶ月半、納得できるまで協議を重ねたこともあります。

 

交渉が長くなり、大変なこともありますが、
自分が有利になる条件で取り決めをしたいのであれば、
中途半端な妥協はしないほうがいいです。

 

自分も外国人になったつもりで交渉しよう

 

ポイントとては、

外国人と交渉する際は、
日本的な感覚は一旦脇においておいて、

自分も外国人になったつもりで交渉に望むといいと思います。

外国人はズバッと伝えてきますので、
日本的な「察して貰う」交渉はほぼ通じません。

こっちの条件を無視して
進めようとする担当者もいたりします。

 

外国人の中には、明らかに自分のミスであっても、
絶対に謝罪しないヤツもいます。

「コノヤロ~~!とりあえず謝れよ!」
とは思いますが、
文化の違いもありますので、そういうもんだと思って、
そっと胸にしまっておきましょう 笑

 

もちろん、
きちんと謝罪してくる外国人もいますので、

そんな外国人に出会ったときは、
「この人とは長く付き合えそうだな~」
と、なぜか嬉しくなります。

 

何度も交渉を繰り返して交渉能力UP!!!

 

交渉の話に戻りますが、、、、

話し合いを続けていくことで、
お互いが望んでいる限り、
必ずどこかで折り合いをつけることが出来ます。

それまでは、

こちらが有利になるような様々な条件を
適正なタイミングで相手に伝えつつ、
頭に汗を書きながら、粘り強く交渉します。

 

こうやって、
タフな交渉を何度も繰り返すことで、
自分の交渉力が上がっていきます。

 

「交渉力」ってビジネスのどんな場面でも使います。

というより、私生活でも使いますので、
人生レベルで必要な能力です。

 

副業でも関係ない!交渉は馴れ!

 

それに、交渉ってある意味「馴れ」なんです。

馴れてくれば、
大変さも薄れてきますし、交渉事が楽しくなってきます。

 

□□って伝えれば、
おそらく■■と返信してくるから、

一旦△△の話をして、
▲▲の条件を譲歩した上で、

本命の◎◎の条件を伝えて
落とし所は〇〇かな~

こんな感じで、
先読みしながらゲーム感覚で取り組めれば、
交渉事は楽しくなります。

 

交渉を自分でやるメリットとは?

 

輸入ビジネスをしている方の中には
メーカーとの交渉を外注さん等に任せる人もいますが、

これって、僕はもったいないと思っています。

「交渉力」を伸ばすチャンス
自ら捨ててしまっていると思っていますし、

そもそも、

自分で交渉したほうが、
メーカーとの取引は決まりやすいです。

 

もちろん、
自分でやると決まりやすい、明確な理由もあるんです。

 

とにかく、

・交渉は馴れ

・交渉力は一生モノのスキル

そう思えば、
自分でやったほうが得だと思います。

 

今回は以上となります。

ありがとうございました。
田中 光一

 

◯編集後記◯

今月生まれた小さな妹を
ふたりのお兄ちゃんが
大事そうに見守っていて、

それだけで、
とうちゃんは涙腺崩壊一歩手前です。

 

★★LINE友達大募集中★★

友達登録はこちらをクリック
友だち追加

もしくは「@ko-1」でID検索


今なら11個のマル秘テンプレート
【輸入ビジネス完全スターターキット】
受け取ることが出来ます(期間限定)

僕への連絡や相談は、
LINEであればすぐに返信できます!

 


お役に立ったら、応援クリックよろしくお願いします。

ブログ継続のモチベーションになります!!
↓ ↓ ↓


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村 ブログランキングへ


フエール人気ブログランキングへ

 

■発行者Facebook:田中 光一
■メルマガ登録:メルマガ登録フォーム
■連絡先:info@tanaka-ko1.com


 


PAGE TOP