コンテナ・船便の送料が安すぎる!!

 

こんばんは!

田中です。

 

本日は、

「コンテナ仕入れ」

というお話ししたいと思います。

 

 

コンテナ・船便のトラブル事例

 

船便にご興味をもっている方が多かったので、
引き続き船便仕入れのお話させて頂きます!

 

さて、まずはトラブル関係で、
出鼻をくじかれたのは、

「出港日程が大幅に遅れる(11日間)」

というのがありました。

 

一番の理由としては、
台風が接近して出港できなかったことなのですが、

台風で遅れたことによって、
10月頭の中国の大型連休に被ってしまったんです。

それによって、出港が連休明けになってしまい、
結果的に11日間も出港日が伸びてしまいました。。。

 

中国の大型連休はチェックしていたんですが、
台風までは予想出来ないですね 苦笑

 

次に困ったのが、

「通関の開始が約一週間後」

ということです。

 

通常はもう少し早いようなのですが、
今回の台風&少し前の台風で関西国際空港の橋にタンカーがぶつかった影響で

税関が混み合っていたらしく、
通関開始が船便がついてから約一週間後でした。

すでに11日遅れているのに、更に遅れが発生。。。。

う~ん。。。勉強になりますね 笑

 

そして、

一番大変だったのが、

「通関時のインボイス訂正」

です。

 

今回の船便で、一番のトラブルは、

コンテナに一緒に入っていた
予備のパッケージ(印刷済みダンボールx15)が
インボイスにのっておらず、数量違いで通関が遅れそうなったことです。

通関が1日位遅れるだけなら、
すでに予定が遅れまくっているのである意味許容範囲だったのですが、、、

今日、通関が出来ないと、
すでに手配している、倉庫までの納品するために
トラックのキャンセル料が発生します。

税関が混み合っているので、
トラックの手配もやり直しになって、
次の手配はいつになるかわからない。

との連絡を受けて、状況は一変しました。

 

これは本日中に
なんとしても通関させなければならない!!

急遽、緊急のプロジェクトが立ち上がりました!!!

 

実録!インボイスは正しく記載しよう

 

まず、通関させるためには
インボイスの訂正しなければなりません。

更に、何故、
インボイス無記載のダンボールが入っていたのか?
経緯がわかる報告書の提出も必要でした。

 

通関へのインボイス提出のタイムリミットは「17:00」

この件で連絡が来たのは「16:14」

連絡を受けた時点で、
すでに1時間を切っていたのです。。。

 

しかも、

弊社の担当スタッフがたまたま休みで、

通関代行会社の担当者も休み。

かなり手探り状態 笑

 

そんな状況で、
通関代行会社のリュウさんと一緒に
インボイスの訂正から取り組みだすことに。

 

インボイスの訂正を、
メーカーに任せては間に合うかわからないので、

大至急インボイス原本を送ってもらってこちらで訂正。

 

経緯報告書の作成は、

通関代行会社から
経緯報告書のテンプレートをメールで送ってもらって、
文章の作成や社判の捺印を大急ぎでおこない提出。

 

なんどもリュウさんとやり取りしながら書類が完成し、

提出完了(メール送信時間)したのは「16:58」

リミット2分前でした。。。

 

この時点ではまだ確実に
通関出来るのかわかりませんでしたが、

その後の通関代行会社のご協力もあり
「無事に通関完了しました」との
連絡が届いたのは18時をまわったころでした。

弊社スタッフ、リュウさんともに安堵の声が聞こえました。

リュウさんには、本当に感謝でいっぱいです。

こうして、なんとか通関が終わり、
翌日の納品が予定どうり進むことになったのです。

 

コンテナ到着でもちょっとした事件が・・・

 

そして、ついに納品日。

コンテナを積んだトラックが倉庫にやって来ました!

荷降ろしのための人員も倉庫に配置して準備万端です!

 

ちなみに、

コンテナから商品を下ろすのは自分たちでやります。

ヤマトや佐川みたいに
トラックのドライバーがやってくれるわけではないんですね。

ただ、

早く帰りたいからなどの理由から
荷降ろしを手伝ってくれるドライバーもまれにいるらしいです。

 

そして、

いざコンテナをの封印を切ろうと思ったら、
封印シールを切るカッターを準備していない!!!

 

やべー・・・と思いましたが、
運良くドライバーさんが持っていたのでコンテナを開封できました 笑

 

普通は、封印カッターもこっちで用意するものらしいです。

封印カッターを持っているドライバーさんは、
あんまりいないとのこと。

ありがとうドライバーさん!!

 

色々あったが勉強になりました!

 

と、こんな感じで、

初の船便での輸入は、大小様々なイベントが起きつつ、
なんとか倉庫まで商品が到着しました。

 

いやー、今回初めて船便使いましたが、
色々と学びが多かったですね。

 

次の船便は
11月末か12月頭に予定していますので、

今回の学びを活かして
もっとスムーズにできるように注意しながら
これからも活用していこうと思います。

 

今回は以上となります。

ありがとうございました。
田中 光一

◯編集後記◯

ある程度のボリュームと
時間に余裕があれば、
船便の送料の安さはかなりのものです。

今回の商品は航空便だと
1個3000円程度の送料ですが、
船便だと1個300円です。

商品によりますが、
船便の選択肢もアリですね。

 

★★LINE友達大募集中★★

友達登録はこちらをクリック
友だち追加

もしくは「@ko-1」でID検索


今なら11個のマル秘テンプレート
【輸入ビジネス完全スターターキット】
受け取ることが出来ます(期間限定)

僕への連絡や相談は、
LINEであればすぐに返信できます!

 


お役に立ったら、応援クリックよろしくお願いします。

ブログ継続のモチベーションになります!!
↓ ↓ ↓


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村 ブログランキングへ


フエール人気ブログランキングへ

 

■発行者Facebook:田中 光一
■メルマガ登録:メルマガ登録フォーム
■連絡先:info@tanaka-ko1.com


 


PAGE TOP