脱転売におすすめのビジネス

 

ず~~~っと転売ではしんどいだけ

 

このブログでも、繰り返しお伝えしていますが、
副業で物販ビジネスを始めるなら「転売」はオススメの方法です。

現金不要で仕入れが出来ますし、仕入先もいくらでもあります。

”はじめの一歩”には最適の方法です。

 

ですが、、、

2歩3歩と進んだ先で
ずっと同じことをやっててもどんどん大変になるんです。。。

 

タイミングを見て「単純転売」から脱却する方向にシフトし、
初心者が簡単に出来ない方法で差別化することは非常に重要です。

 

で、肝心の

「単純転売」から脱却するには、なにをすればいいのか?

 

僕がおすすめする比較的取り組みやすく
結果が出やすい方法は次の3つです。

1,メーカー仕入れ
2,OEM
3,クラウドファンディング

 

脱転売におすすめの3つの方法

 

脱転売におすすめの3つの方法

・メーカー仕入れ
・OEM
・クラウドファンディング

 

順番に解説しますね!

 

1,メーカー仕入れは、
既存商品の最上流のメーカーから
直接買い付けることで最安の仕入れを狙う方法です。

海外メーカーでも国内メーカーでもどちらでも構いません。

というより、

売れている商品を安く仕入れをする!というのが

メーカー仕入れの基本スタンスですので、
仕入れ可能なメーカーであれば、
「国内」「海外」と分ける意味はないんです。

僕も海外メーカーも国内メーカーも
関係なく仕入れをおこなっています。

 

2,OEM
自分だけのオリジナル商品を作って独占的に販売する方法です。

オリジナル商品といっても、
すでに「型」のある商品にロゴを付けたりするだけの方法もあるので、
作るのはそんなに難しいことではありません。

OEMで難しいのは実は「販売」の方法なんです。

人気商品の類似品をOEMで作ったとしても、
名も知らないブランドの商品を
あえて買うお客さんはほぼ皆無です。

・買って貰う理由をどう作るか。
・いかに買わない理由を消せるか。

これが重要なんですが難しいんです・・・

逆にココができるようになれば、なんでも売れるようになります。

 

3,クラウドファンディングは、
海外メーカーの日本総代理店の権利を獲得して独占販売をする方法です。

海外展示会やメーカーHPから
日本でのクラファン実施を持ちかけ
日本での販売権利を獲得してテスト販売を兼ねてクラファンを実施する。

もし実施クラファンの結果がイマイチであればこれで終わり。
結果が良かった場合は、販路を広げて引き続き販売をしていく。

 

OEMと同じで販売力は必要になりますが、

海外メーカー商品の場合、
すでにメーカーに写真等の素材がありますし、
商品のウリもある程度わかってますので、OEMより売り方の方向性は明確です。

また、

クラファンを実施することで、
実店舗への卸に繋がることもあるので、一石三鳥、四鳥の効果が期待出来ます。

 

副業であっても、いずれはどれかに取り組むべき

 

上記の3つの方法が
「単純転売」の次に取り組むにはオススメの方法です。

もちろん、

この3つが正解でもありませんし、
この方法以外でも全然いいと思います。

 

結局のところ、、、

物販ビジネスは規模を大きくしていった時に、

・メーカー仕入れ
・OEM
・クラウドファンディング

全て取り組むことになると思います。

どれから取り組むのかは自由です。

 

ただ、

初心者の次のステージにいったのであれば、
「脱転売」を考えながら物販ビジネスに取り組んだほうが良いですよ。

って話です。

 

初心者を脱したのであれば、
一歩先を見てビジネスに取り組むことを僕はオススメします。

 

今回は以上となります。

ありがとうございました。
成田 光

 

◯編集後記◯

 

北海道でスノーボードを楽しんだ翌日に
タイのバンコクに移動しました。

-15℃から30℃へと、
温度差が40℃以上あると
流石に体が慣れないですね 笑

 

★★LINE友達大募集中★★

友達登録はこちらをクリック

友だち追加

もしくは「@ko-1」でID検索

※今なら11個のマル秘テンプレート
【輸入ビジネス完全スターターキット】
受け取ることが出来ます(期間限定)

僕への連絡や相談は、
LINEであればすぐに返信できます!

 


お役に立ったら、応援クリックよろしくお願いします。

ブログ継続のモチベーションになります!!
↓ ↓ ↓


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村 ブログランキングへ


フエール人気ブログランキングへ

■発行者Facebook:成田 光
■メルマガ登録:メルマガ登録フォーム
■連絡先:info@tanaka-ko1.com


 


PAGE TOP