僕が副業で物販を選んだ理由

 

こんばんは!

田中です。

 

本日は、

「なぜ副業で物販を選んだのか」

というお話ししたいと思います。

 

僕が副業に興味を持ちだしたのは、
約5年くらい前です。

当時彼女だった奥さんとの結婚を決めて、
同棲を始めた頃です。

 

少しでもお金はあったほうがいいし、
結婚したら使えるお金も減りそうだし、

ということで、
副業の情報を集めていました。

 

副業といえば、

 

「楽に稼ぎたい!」

 

やっぱりコレですよね〜

 

当然、僕もそうです。

 

ですので、

 

楽に稼げそうなイメージランキング上位の
アフィリエイトや、情報教材販売を始める
ことにしました。

 

そして、
初めて情報教材というモノを購入しました

 

内容は、

・携帯電話で情報教材を売る

みたいな内容だったと思います。

 

しかも、価格は5万円くらい。

 

今思うと、

 

よく買ったな〜

 

と思いますけど、

それがネットビジネスの入り口でした。

 

この教材での利益は、もちろん0円。

 

それどころか、読んだだけで行動もしてませんでしたね。

 

そのあと僕は、

教材のネタが思いつかない上、

教材購入者のフォローを考えると大変すぎる。

 

と、
情報教材販売は、実践もせずに諦めました。

 

次に、
副収入の欲しい僕はせどりを始めます。

 

しかし、

 

ほぼ肉体労働。

時間の割に稼げない。

レバレッジが効かない。

 

と、すぐに断念しました。

 

すぐにやめたせどりですが、

副業で初の利益を出す事が出来ました。

 

せどりで利益が出た時に、

「物販は儲かる理由がわかりやすい」

と、
自分の中でしっくりきたというか、

腑に落ちたというか、

自分で納得した事を覚えています。

 

当時の僕は、

正直なところ、アフィリエイトや情報教材
販売で稼げる理屈がよくわかっていなかっ
たのも原因だと思いますが…….

 

そりゃまぁ〜

自分で、理解も納得もしていない仕事で、
稼げるわけが無いですよねー

 

その後は、

ebay仕入れヤフオク販売を始めて、輸入を
開始します。

 

途中、副業を中断したりしつつも、輸入ビ
ジネスを続け、Amazon輸入転売も行うよ
うになりました。

 

「物販」のカテゴリーは、

世間一般で認められたビジネスです。

 

駄菓子屋も八百屋も洋服屋もデパートも、みんな物販です。

 

テクノロジーの進化で、

「物販」がインターネットだけ完結できる
ようになっただけで、根っこは一緒です。

 

どうしても、

「ネットビジネスで稼ぐ」
と言うと、色眼鏡で見られます。

 

ましてや、

アフィリエイトや情報教材販売は、
今でも怪しいビジネスと思われています。

 

僕は、

アフィリエイトや情報教材販売で稼ぐのは
悪いことでは無いと思っています。

 

情報の対価として、金銭を得る

ある意味、物販と一緒です。

 

でも、自分の親にビジネスの内容を理解しもらるでしょうか?

 

僕は、いずれ実家の秋田に帰るつもりです。

 

仮に、自家の親に理解してもらっても、

秋田の田舎の人々に、
「アフィリエイトで生計を立てている」

なんて話をしても、

まず理解してもらえないと思います。

 

おそらく、影でコソコソ言われるでしょう。

 

「他人からなに言われても構わない 」

という、
ハートの強い人はいいと思いますが、
僕はイヤです。

 

田舎で楽しく暮らしたいですからね〜

 

なので、

 

秋田に帰るという事を視野に入れた時に、
「物販が一番だな!」
という事になりました。

 

ほんと単純な理由です。

 

でも、

 

秋田のことを別にしても、
せどりで副業の初利益が出た時に感じた、

「しっくりくる感じ」

これが僕が物販を選んだ一番の理由なんだ
と思います。

 

あえて言葉に直すと、

 

「大昔から続く安く買って高く売るという
わかりやすい市場原理」

に、魅力を感じたのだと思います。

 

副業を初めた時は、

「月5万円稼げればいいや」
と、思っていた僕ですが、

物販を選んだことで、安定した収益を得れ
るようになりました。

 

「安定した副収入のあるサラリーマン」

最高ですね〜 笑

 

やり方を間違えなければ、物販の安定感は
抜群だと思いますよ。

 

今回は以上となります。

 

ありがとうございました。

田中 光一

 

お役に立ったら、クリックお願いします!
↓ ↓ ↓


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村 ブログランキングへ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■発行者:田中 光一
■メルマガ:http://tanaka-ko1.com/imp/lp/tbs1/
■連絡先:info@tanaka-ko1.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


PAGE TOP