遊びの時間は「溜め」の時間

 

こんばんは!

田中です。

 

本日は、

「遊びと仕事」

というお話ししたいと思います。

 

メリハリをつける

最近、注意しているというか、
気にしていることに、

「遊ぶときは遊び
 仕事するときは仕事する」

ということがあります。

 

んっ?

当たり前じゃないの??

 

はい。
その通りです。

当たり前のことなんです。

 

ですが、独立すると、
サラリーマンの時のように、
オンオフがはっきりしませんので、

意識しないと、スイッチが上手く
切り替えられないのです。

 

独立すると、
会社に縛られることはなくなります。

しかし、

自由を手に入れると同時に
全てが自己責任となります。

 

「この先稼いでいけるかな~」
「大丈夫かな~」

と、今もどこかに
不安な気持ちがあります。

 

この不安な気持ちから、
休みと決めた日でも、

「あのメールだけ返信・・・」
と、仕事をしてしまっています。

ですが、
これでは、仕事も遊びも中途半端です。

 

がっかり父ちゃん

休日に、
ちょっとだけ仕事するというのは
精神的にも作業効率的にも
良くないと感じます。

子どもと遊んでいて、
メールを返信している父親なんて、

子どもからしてみたら、
ガッカリ父ちゃんです。

 

憧れの父ちゃんになるためにも
オンオフの切り替えをして、
メリハリをつけることが必要です。

 

「遊びの時間は 溜め の時間」

「全力で遊んで、
 遊びの振り幅が大きいと
 仕事にも大きく振り戻す」

 

このような話をどこかで聞きました。

 

欧米企業のトップ

たしかに、
稼いでいる人は、遊びでもパワフルです。

欧米企業のトップの人は、
報酬額もすごいですが、
労働時間も凄いです。

朝6時に出社して、
帰るのは21時というのは
当たり前みたいです。

 

そんな人達でも年に1回は
4週間程度の休みを取ります。

 

そのバカンス中に
会社でなにかトラブルがあっても
連絡しないのがルールで、

トップの人達も
自分たちで処理しろ
というスタンスです。

「私はバカンスを
 全力で楽しむんだ!」
という
意気込みが感じられる話です。

 

僕達でも出来る!!

ここまで徹底出来なくても
僕達も参考にしたいものです。

 

「遊びは遊び」

「仕事は仕事」

「振り幅が大切」

 

僕もオンオフを意識して、
全力で遊び、
ビジネスに大きく振り戻したいと思います。

 

今回は以上となります。

ありがとうございました。

 

田中 光一

お役に立ったら、応援クリックよろしくお願いします。

ブログ継続のモチベーションになります!!
↓ ↓ ↓


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村 ブログランキングへ


フエール人気ブログランキングへ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■発行者:田中 光一
■メルマガ:https://brutality-ex.jp/fx40371/Blog
■連絡先:info@tanaka-ko1.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


PAGE TOP