価値観は人それぞれ

こんばんは!

田中です。

 

本日は、

「それぞれの価値観」

というお話ししたいと思います。

 

先日、

うちの2才の次男が、
ウイルス性胃腸炎になりました。

嘔吐と下痢で、
全然ご飯を食べられず、

心配でしたが、徐々に元気になって来ました。

 

次男が治ったと思ったら、

今度は長男に感染って、こちらも嘔吐と下痢です。

 

自分の意思とは関係なく、

下から水のような下痢が出てくるので、
自分でも驚いておりました。

 

胃腸炎が治るまでは、
幼稚園も、習っているスイミングも行けず、

ヒマそうにしていました。

ふたりともすっかり良くなって、ホッと一安心です。

 

やはり、

自分の子どもがつらそうなのは、親としては一番イヤなものですね。

ホントに治って良かったです!

 

最初に、

 

次男が嘔吐と下痢で、

「これは病院に連れていかないとだなー」

となった時、

その日は、強い雨の降っている日で、妻に「車で送って」と頼まれました。

(妻は運転免許がありません)

 

たまたま、この日は、

やらなければならない仕事が多くて、時間のない日でした。

 

一瞬、

「う〜ん、まいったな~」
と思いましたが、

やはり、子どもが心配です。

 

「仕事」と「子ども」

 

当然、子どもの方が大切です。

すぐに、車で病院に送って、
診察やお薬をもらってきました。

もちろん、迎えにもいきました。

 

なんだかんだで、

合計3時間くらいは、
送り迎えに費やしたと思います。

 

送り迎えすることは、問題ないんです。

むしろ、

子どもが心配だから、
送り迎えをしたいんです。

 

でも、

よくよく考えると、

僕じゃなくても、
タクシーでも良かったのかも?

 

そんな思いも湧いてきました。

 

まぁ、

子どもの病気が、深刻では無かったから、
言えるわけなんですけども。。。

 

仮に、

僕が送り迎えをするのではなく、
タクシーで病院に行って貰えば、

僕はその時間分の仕事ができた訳です。

 

病院までのタクシー代は、
往復でおよそ5000円程度でしょう。

僕の収入を時給にすると、
時給5000円は超えます。

 

送り迎えに3時間掛かるということは、
15000円の費用が掛かるということです。

病院にはタクシーで行ってもらい、
僕が仕事をすれば、
10000円分の利益が出る

とういう計算になりますね。

 

数字だけで考えると、
タクシーを使ったほうが良いでしょう。

 

でも、

自分の感情にはウソはつけませんよね。

病気の子どもが心配で、

仕事に身が入らず、
非効率になる可能性もあります。

 

だったら、
送り迎えをしたほうが良いでしょう。

 

う〜ん。。。

難しいところです。

 

サラリーマンで会社勤めの場合は、
この悩みは無いかもしれません。

 

サラリーマンの場合は、
いつも家にいる訳ではありませんからね。

 

ただ僕の場合は

「家族と過ごす時間が欲しい」
という思いで独立しております。

ですので、このような問題は、

僕の中は優先順位が高いんです。

 

う〜ん。。。

難しいところなんです。。。

 

とりあえずは、

今後このような場合、

「タクシーでの送り迎えも選択肢に入れつつ、
状況に応じて送り迎えを考える」

といったところでしょうか。

 

もっとビジネスをがんばって、

できるならば、

 

来年には、

「いつでも送り迎えができるお父さん」
になりたいものです。

 

いや、

 

必ず送り迎えができるお父さんになる!!

ここで宣言しておきます!

 

なんか、急に熱くなってすいません 笑

 

もっと稼いで、
もっと仕組み化して、
もっと自由にになれば、

「いつでも送り迎え」くらいは
余裕でできるはずです。

 

そこを目指して、僕も精進していきます!

 

今回は以上となります。

 

ありがとうございました。

田中 光一

 

お役に立ったら、応援クリックよろしくお願いします。

ブログ継続のモチベーションになります!!
↓ ↓ ↓


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村 ブログランキングへ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■発行者:田中 光一
■メルマガ:https://brutality-ex.jp/fx40371/Blog
■連絡先:info@tanaka-ko1.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


PAGE TOP