絶対に確定申告はするな!!

こんばんは!

田中です。

 

本日は、

「やらないことを決める」

というお話ししたいと思います。

 

Amazon輸入転売では、

利益を生むまでに多くの工程があります。

Amazonのアカウント登録から始まり、
リサーチ、仕入れ、輸入、出品、納品、、、

数多くの工程を経て、
購入者の元に商品が届き、

僕たちにも価値の対価として、
利益が生まれます。

 

この数多くの作業工程は、

はたして、
全て自分で行う必要はあるでしょうか?

 

そうです。

答えは「NO」ですね。

 

ビジネスに取り組み始めた初期に、

全体の流れを知るために、
自分で行うのは良いと思います。

 

しかし、

いつまでも全ての作業を

自分一人で行うのは、
非常にもったいないことだと考えます。

 

あなたは検品がしたくて、
ビジネスをしているのですか?

あなたは梱包作業がしたくて、
ビジネスをしているのですか?

帳簿に記帳したくて、
ビジネスをしているのですか?

 

どれも違いますよね?

 

僕たちがビジネスをしているのは、

自ら利益を生んで、
自分の力で理想を叶えるためです。

 

自ら利益を生むには、
利益に直結する作業をしなければなりません。

梱包や記帳は、
直接利益を生み出す作業ではありません。

 

一番大事なのは、
^^^^^^^^^^^^^^^^
「利益を生む」ということです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

極論を言えば、

利益を生む作業以外は、
やらなくてもいいです。

 

ほとんどの作業は、
自分以外の人でも出来ます。

梱包や記帳はもちろんですが、
リサーチですら外注出来ます。

 

・あまり利益が出ていないから外注しない
・外注費がもったいない
・他の人に任せるのが不安

色々な要素があると思いますが、

「他の人が出来ることは、
他の人にやって貰う」

というマインドを持ってください。

 

外注や委託作業というのは、

他の人の時間を購入して、
自分の時間を確保するということです。

 

確保した時間で、

利益に直結した作業をする。

さらに多くの手順を外注化する。

さらに利益に直結する作業をする。

さらに外注化して仕組みをつくる。

さらに・・・・

 

このルーティンが、

僕たちのやるべきことです。

 

外注化の目安としては、

今の利益と作業時間から
自分のビジネスの時給を計算して、

その時給と外注費を比べて、
自分の時給の方が高かったら外注です。

 

・月利20万円
・月の作業時間 108時間
(平日3時間 土日6時間)
・時給1851円

・検品時間 週1時間
・納品時間 週2時間
・合計 月に12時間

・物流関係の時給換算コスト
1851x 12=22212円

 

あとは、

物流関係の外注コストと比べて、

自分の時給換算コストより
外注費が安かったら外注です。

 

この考え方を目安に、外注化しましょう。

 

特に、外注化の中でも、

物流と記帳の
2つは早々にやるべきですね。

 

品質の面から考えても、

物流のプロや税理士さんに
任せるほうが安心です。

 

確定申告を自分で!

なんて絶対にやめたほうがいいです。

 

時間がもったいないのもありますが、

プロがきっちり書類をつくるのと
素人が見よう見まねで書類をつくるのと

どちらが良いと思いますか?

 

税金のプロがきちんと対策した
確定申告の節税効果を考えたら、

税理士さんに払う
確定申告費用程度はまかなえます。

更に、

時間も手間も掛からないのですから、

自分で確定申告をする意味は、
ほぼ無いですね。

 

自分がやらなくても良いことは、

出来るだけ人に任せるほうが、
結果的に利益が上がりますので、

参考にしてください!

 

今回は以上となります。

ありがとうございました。

 

田中 光一

お役に立ったら、応援クリックよろしくお願いします。

ブログ継続のモチベーションになります!!
↓ ↓ ↓


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村 ブログランキングへ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■発行者:田中 光一
■メルマガ:https://brutality-ex.jp/fx40371/Blog
■連絡先:info@tanaka-ko1.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


PAGE TOP