攻めよりも守りが大切!

こんばんは!

田中です。

 

本日は、

「守りの重要性」

というお話ししたいと思います。

 

あなたは、

「守破離」という言葉をご存知ですか?

 

元々は、

剣道や華道などで、
修行の段階を表した言葉で、

以下のような意味があります。

 

「守」
師や流派の教え、型、技を忠実に守り、
確実に身につける段階。

「破」
他の師や流派の教えについても考え、
良いものを取り入れ心技を発展させる段階。

「離」
一つの流派から離れ、独自の新しいものを
生み出し確立させる段階。

 

Amazon輸入ビジネスで言えば、

下記のような感じかなと思います。

 

「守」は、
基本的なノウハウやリサーチ方法。
基本的なビジネスの考え方。

「破」は、
他のビジネスのノウハウを応用したり、
新たな稼ぎ方を模索する期間。

「離」は、
自分独自のノウハウの構築や
独自の稼ぎかたの確立。

 

少し強引ですが、
Amazon輸入ビジネスに置き換えた時に、

どんな意味になるか、
なんとなく判って頂けたかと思います。

 

「守」「破」「離」

この3つで最も大切なのは、
どれかわかりますか?

 

そうです。

答えは、「守」です。

 

「守」は基礎、土台です。

 

基礎工事が手抜きだった建物は、
その先どうなるでしょうか?

基礎が手抜き工事で、
高層ビルを建てる事ができるでしょうか?

 

わざわざ言わなくても、
結果は明白ですよね?

 

ビジネスも同じです。

「守」が身についていないのに

「破」「離」の段階に
いこうとする人が多くいます。

 

早く上の段階に
いきたい気持ちはよくわかります。

 

「独自のノウハウなら
もっと稼げるんじゃないか?」

「この独自ノウハウで
もっと楽に稼げるんじゃないか?」

 

この気持もよくわかります。

 

でも、

先に言っておきます。

 

「守」レベルの人が考えたノウハウは、
先人達がやり尽くしています。

先人のノウハウを知らず

あなたが自分の独自ノウハウだと
勘違いしたのは、

ノウハウがイマイチで、
通用しなかったボツノウハウだからです。

 

だから、

あなたが知らないノウハウなのです。

 

基礎も身につけていない人が

独自の方法で稼げる程、
ビジネスは甘くありません。

 

「基礎」があっての「応用」です。

基礎を身に付け
「破」レベルになると

本当の独自ノウハウを
編み出せる段階になってきます。

 

そして、

そのノウハウを昇華させて、

本当の意味での、
独自ノウハウが完成します。

 

それが「離」です。

ビジネスをしていると、

どうしても、すぐに
「破」の段階にいきたくなります。

 

僕もそうです。

その気持ち自体は、

向上心、探究心の現れなので、
良いことだと思います。

 

ですが、

「守」を疎かにしていると、
結局は、行き詰まることになります。

 

そうなった時は、

一度「守」に戻って、
自分の土台を確認することが大切です。

 

「守に戻る」という事が、

出来るか出来ないかで、
その後の成長が大きく変わって来ます。

 

特に新しいことを初めた時は、
「守」を徹底したほうが良いです。

 

遠回りなようで、

結果的には、
それが一番の近道になります。

 

ビジネスには「守破離」が大事。

 

最初は「守」

迷ったら「守」

最も大事なのは「守」

 

これを憶えておいてください!

 

今回は以上となります。

ありがとうございました。

田中 光一

 

お役に立ったら、応援クリックよろしくお願いします。

ブログ継続のモチベーションになります!!
↓ ↓ ↓


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村 ブログランキングへ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■発行者:田中 光一
■メルマガ:https://brutality-ex.jp/fx40371/Blog
■連絡先:info@tanaka-ko1.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


PAGE TOP