値下げ合戦に参加してまで、安売りはするべきか?

こんばんは!

田中です。

 

本日は、

「安売りはするべきか?」

というお話ししたいと思います。

 

リサーチをした時は、
出品者数が数人だったが、

実際に商品をFBAに納品した時には
出品者数が増加。

 

そして、

ジリジリと販売価格が下落していく。。。

 

このような経験をしたことがある!

 

という方は多いと思います。

 

このような、

ライバルが多く価格が下落傾向の時に、

・率先して値下げするのか?
・少し様子を見るのか?

対応が難しいところです。

 

この場合は、

僕は基本には、
値下げして売り切る場合が多いです。

仮に、赤字になってもです。

 

なぜ赤字になっても売るのかというと

資金の回転を重視するからです。

 

値下げをしないで、
価格を維持していると、

いつ売れるかわかりません。

 

その間、
資金の動きは0になってしまいます。

 

赤字を拒んで、

いつか売れることを期待するのも、
ひとつの戦術ではありますが、

赤字になっても、

資金を回収して、
次の商品に投資していく方が、

全体を見たときに、
利益は上がると考えています。

 

今回赤字でも、
次の商品の仕入れで黒字ならOKです。

 

赤字→黒字で、いってこいです 笑

 

利益的には、プラマイゼロでも、

・赤字の経験
・新商品の発掘
・黒字の経験

積極的に資金を動かすことで、
このような経験は得られます。

 

商品を値下げしなかったならば、
上記の経験すらも得ることができません。

 

誰でも、赤字はイヤです。

僕もイヤです 。

 

ですが、

資金効率という観点からみると、

赤字でも積極的に
販売して行くほうが良いです。

 

僕は、

事業資金が豊富になるまでは、

資金をガンガン回していくことを
おすすめします。

 

今回は以上となります。

ありがとうございました。

田中 光一

 

お役に立ったら、応援クリックよろしくお願いします。

ブログ継続のモチベーションになります!!
↓ ↓ ↓


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村 ブログランキングへ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■発行者:田中 光一
■メルマガ:https://brutality-ex.jp/fx40371/Blog
■連絡先:info@tanaka-ko1.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


PAGE TOP