商品リサーチの幅を狭めるな!!

こんばんは!

田中です。

 

本日は、

「商品リサーチ」

というお話ししたいと思います。

 

あなたは、商品リサーチをする時、
どのようなリサーチをしていますか?

・セラーリサーチ
・キーワードリサーチ
・カテゴリリサーチ
・etc…

リサーチの方法は色々ありますね。

 

あまり知られていませんが、
僕が以前おすすめした、

Amazon公式の
商品リサーチ方法などもあります。

その1
http://tanaka-ko1.com/research1
その2
http://tanaka-ko1.com/research2

このような方法です。

 

王道のリサーチ以外でも、
リサーチ方法はいくらでもあります。

リサーチをしているのに、
良い商品が見つからない訳がありません。

 

「あなた以外の誰かは、
良い商品を見つけて利益を上げている」

この事実を忘れてはいけません。

 

僕のコンサル生でも、

「良い商品が見つからないんです。。。」
という方もいます。

 

この場合の原因は、主に2つあります。

 

1つ目は、

●単純に作業量が少なすぎる。

Aさん
作業時間 1日30分
商品リサーチ個数 1日10商品

Bさん
作業時間 1日3時間
商品リサーチ個数 1日60商品

2人のリサーチ能力が
全く同じだと仮定して考えると、

BさんはAさんの
6倍の商品を毎日チェックしています。

すなわち、

「儲かる商品を見つける可能性が
6倍高くなる」

といういうことです。

 

プラスして、

経験値もどんどん貯まりますので、
より稼げる可能性は上がります。

 

原因の2つ目としては、

●リサーチの幅が狭い。

 

今やっているリサーチ方法を
思い浮かべてください。

何を基準にリサーチしてますか?

条件を絞り過ぎていませんか?

いつも同じリサーチをしていませんか?

 

例えば、

セラーリサーチなどは、
非常に「効率の良い」リサーチ方法です。

しかし、

セラーリサーチの起点となるセラー次第で
リサーチの方向が決まってしまいます。

 

知らないうちに、
リサーチの幅を狭めているのです。

 

Amazon輸入で、大きく稼ぐには、
「効率化」は必須の条件です。

ですが、

「効率化」と「楽をしている」は紙一重です。

 

ただなにも考えずに、

セラーリサーチをしているのは、
「楽をしている」だけです。

 

極論を言えば、

Amazonの全商品を見れば、
稼げる商品は100%見つかります。

 

でも、「Amazonの全商品を見る」
など現実的ではありませんよね?

そのため、
僕たちは現実的にリサーチをするために、

色々な条件で
リサーチ対象を絞っていく訳です。

 

ただ、条件を絞りすぎな方が多いです。

 

セラーリサーチ以外の方法でも同じです。

 

リサーチをして良い商品が
見つからないというのであれば、

リサーチ方法を改善してください。

 

「あなた以外の誰かは、
良い商品を見つけて利益を上げている」

誰かができるなら、あなたも出来ます。

 

あとは、行動次第ですね。

 

今回は以上となります。

ありがとうございました。

 

田中 光一

お役に立ったら、応援クリックよろしくお願いします。

ブログ継続のモチベーションになります!!
↓ ↓ ↓


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村 ブログランキングへ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■発行者:田中 光一
■メルマガ:https://brutality-ex.jp/fx40371/Blog
■連絡先:info@tanaka-ko1.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


PAGE TOP