成長の指針と副業から独立したメリット

 

こんばんは!

田中です。

 

本日は、

「理解力の高まり」

というお話ししたいと思います。

 

春休みなので実家の秋田に帰郷

 

子どもが水曜日から春休みになったので、
家族みんなで、僕の実家の秋田に来ております。

 


「来週から春休みだけどどうする?」


「行きたいところある?」


「特にないかな~」


「じゃあ、秋田でもいく?」

ということで、実家の秋田に帰って来ております。

 

こうやって、すぐに予定が決めれるのは、
サラリーマンの副業ではなく、独立した大きなメリットですね。

 

最近は、東京ではすっかり春でアウターいらずですが、
秋田はまだまだ寒いです。

雪解けが進み、山肌にも緑が見え、
フキノトウやつくしがあちこちから顔を出す。

そんな命の息吹を感じる緑の季節です。

 

上京するまでは毎年見ていた光景でしたが、

年をとり、子どもたちと一緒に見ると、
また違って見えるのが面白いですね。

 

・久しぶりに見たからそう感じるのか?
・年をとったからそう感じるのか?
・自分が成長したからそう感じるのか?

どれが正解かわかりませんし、
全てが正解なのかもしれません。

 

みなさんも「昔と今では感じ方が違う」というのは、
様々なシチュエーションで体験したことがあると思います。

 

断念した本をもう一度読んでみると・・・

 

例えば、

名書と呼ばれる本でも、
いざ読んだらイマイチだった・・・

なんてことありませんか?

 

大抵はもう読まないと思うんですけど、
もしまだ捨ててなければ、引っ張り出して読んでみてください。

おそらく、前に読んだ時と本の印象が違うと思います。

 

それは、様々な経験や体験が、
その本の理解度を高めてくれているのだと僕は思います。

 

もちろん、
何度読んでもイマイチな本もあると思います。

 

でも「名書」と呼ばれる本は、
少なからず、その時代で影響力があった本です。

合う合わないはあるにせよ、イマイチということは無いはずです。

 

イマイチなのは、今はまだ必要をしていないか、
読み手の読解力が足りないかのどちらかです。

 

読みきれなかった本は、僕もいっぱいあります。

最初数ページでやめた本も数知れず・・・

 

そんな本でも、時間をおいて読み返してみると、
スッと理解できることがあります。

なんで難しく感じたのだろう・・・と。

 

本を読むという行為は、先人達との会話

 

「本を読むという行為は、先人達と会話することだ」

という感じの言葉を聞いたことがあります。
(うる覚えですいません)

すでに亡くなっている方とは、
絶対に会話する機会はありませんし、

生きている方でも著名な方の場合、
そうそうお話するチャンスはありません。

 

それが、書籍を通して考えを知ることが出来るのですから、
読まない手は無いですよね。

 

本はあなたを待っていてくれる

 

仮に、ビル・ゲイツやウォーレン・バフェットと
実際に会話できる機会があったとしても

自分のレベルが低いと
「だた話しただけ」ということになりかねません。

 

ウォーレン・バフェットに、
「株ってやったほうがいいんですか?」

って、訊いてもしょうがないですよね。

(逆にすごいかもしれませんが 笑)

 

せっかく名書の著者と会話できる機会であれば、
それなりのレベルになって会いたいです。

 

リアルでは、相手が待ってはくれませんが、
本であればずっと待っていてくれます。

昔読んで断念した本があるのであれば、
是非、再読してみてください。

スッと内容が入ってくるかもしれません。

 

自分自身のレベルアップの指針として、
活用するのもアリかもしれません。

僕も東京に戻ったら、
本棚の奥に仕舞い込んだ本を読み直してみようと思います。

 

今回は以上となります。

ありがとうございました。
田中 光一

 

◯編集後記◯

 

ちょい先の予定をパッと決めて、
連休を取れるのは、独立したメリットですね。

僕がいなくても、
従業員や外注さんがやってくれます。

なにかあっても、
チャットワークやSlackで連絡すれば、
大体のことは解決出来ます。

子どもたちと多くの時間を過ごせるのは、
独立の最大のメリットですね。

□■□━━━━━━━━━━━━━□■□

★LINE友達大募集中★

スマホをお持ちの方は、下記より
田中と友達になって頂ければ嬉しく思います!

僕への連絡や相談は、
LINEであればすぐに返信できます!
友だち追加

※お友だちに追加の方には、
コンサル生限定教材を含む4つの教材
全146ページを期間限定でプレゼント中です!

□■□━━━━━━━━━━━━━□■□


 

お役に立ったら、応援クリックよろしくお願いします。

ブログ継続のモチベーションになります!!
↓ ↓ ↓


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村 ブログランキングへ


フエール人気ブログランキングへ

 

■発行者Facebook:田中 光一
■メルマガ登録:メルマガ登録フォーム
■連絡先:info@tanaka-ko1.com


 


PAGE TOP