外注さんに良い仕事をしてもらうには?

2018年3月6日

 

こんばんは!

田中です。

 

本日は、

「外注さんとの関係」

というお話ししたいと思います。

 

サラリーマン時代を思い出す朝6時半

 

先週の土曜日は、場所取りのために朝6:30から並んだ田中です。

なんの場所取りかというと、
幼稚園のお遊戯会のための場所取りです。

1時間半程の並びでしたが、寒くて寒くて、カラダの芯まで冷えました。。。

なので、
無事に場所を取って一旦帰宅した時、カラダを暖めるために朝風呂に入りましたw

 

うちの幼稚園は、そこまで激戦ではないのですが、
僕か並んだ時点で20人くらいは待ってましたね~

前日からの並びは禁止なので、早朝から並んでいらのでしょうが、
先頭の人は、まるでビックウェーブさんのような装備でやる気がすごかったです。

ビックウェーブさん

 

僕が外注さんに伝えていること

 

そんな、お遊戯会の前日、
ちょうどメーカーとの契約書の事で、翻訳の外注さんとお話したのですが、
翻訳さんのお子さんのお遊戯会も並びが大変だったみたいです。

子どものイベントの場所取りは、場所や年代に関係なく大変のようですね。

 

僕がお手伝いをお願いしている外注さんは、ほとんどが女性、主婦の方です。

男性もいますが、長く続けて頂けるのは女性の方が多いですね。

 

外注さんには、

・ご自身のご家族のことを最優先でやってくださーい
・僕の依頼は、その次でいいですよー
・学校行事や地域の行事、ご旅行などの時は、遠慮なく行ってくださいねー
・その時は、一応一報だけくださーい。

と、伝えてあります。

 

こちらの業務が多少遅れても、
外注さんに気持ちよく作業して頂き、
クオリティの高い仕事をして貰うためには必要ことだと思っています。

逆の立場なら、僕もそうして欲しいと思うでしょうから、外注さんにはそうしています。

 

外注さんとのやり取り方法

 

「外注さんとのやり取りはどうしているのか?」

よく訊かれますが、基本はチャットワークですね。

翻訳さんとか、日々やり取りするタイプの外注さんとは、Slackでやり取りしています。

あとは、LPとかのデザイン関係の外注さんとは、これ。

あと、コレもよく使います。

 

僕は大体この4つですね。

この4つでやり取りしながら、文字や電話で伝わらない場合は、動画を撮って送ったりもしてます。

 

外注さんが思い通りやってくれない理由とは?

 

「外注さんが思い通りやってくれない。」

この悩みをお持ちの方も多いようです。

ですが、お話を聞いてみると、
原因のほとんどが依頼の仕方が悪い印象です。

外注さんに依頼する仕事には、
依頼出来る仕事と依頼出来ない仕事があります。

そこを理解せずに、依頼出来ないタイプの仕事を依頼して、
外注の働きが悪い!という人も多いです。

 

そもそも外注さんとは、
「僕達の仕事を手伝って頂いている」存在です。

「僕達が仕事を与えてやっている」では無いんです。

 

僕はサラリーマンの副業時代からお世話になりっぱなし

 

僕は外注さんにはいつも感謝していますし、感謝の言葉もお礼も欠かしません。

自分で出来ないこと、やりたくないことを
代わりにやって頂いているのですから、あたりまえのことです。

感謝の気持ちを忘れずに外注さんと接していると、
外注さんも気持ちよく仕事が出来るんです。

依頼内容によっては、一度も話すことはないかも知れませんが、
ネットの向こう側には「人」がいます。

そのことを忘れず外注さんと付き合うと、良い関係が築けると思います。

 

今回は以上となります。

ありがとうございました。
田中 光一

 

◯編集後記◯

 

年中さんにもなると、
親が思った以上にしっかりと出来ていて、
とうちゃんはびっくりです。

妻はお遊戯会で泣いていましたw

僕も来園の卒園式では、
すでに泣かない自信がありませんw

 

□■□━━━━━━━━━━━━━□■□

★LINE友達大募集中★

スマホをお持ちの方は、下記より
田中と友達になって頂ければ嬉しく思います!

僕への連絡や相談は、
LINEであればすぐに返信できます!
友だち追加

※お友だちに追加の方には、
コンサル生限定教材を含む4つの教材
全146ページを期間限定でプレゼント中です!

□■□━━━━━━━━━━━━━□■□


 

お役に立ったら、応援クリックよろしくお願いします。

ブログ継続のモチベーションになります!!
↓ ↓ ↓


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村 ブログランキングへ


フエール人気ブログランキングへ

 

■発行者Facebook:田中 光一
■メルマガ登録:メルマガ登録フォーム
■連絡先:info@tanaka-ko1.com


 


PAGE TOP