MYUSに再び税金が掛かるようになりました

 

こんばんは!

田中です。

 

本日は、

「機会費用」

というお話ししたいと思います。

 

MYUSに再び税金が掛かるようになった

 

Amazon輸入に取り組んでいる人達の多くは、
転送会社を選ぶときに「MYUS」を選んでいると思います。

一番有名ですし、
「とりあえずMYUS使ってみて、イヤなら辞めればいいか~」
の感覚で使っている方も多いと思います。

そんな、MYUSですが、
去年の前半からAmazon税が免除されていましたが、
また課税されるようなりました。

コトバンク引用:
米国の税制法案「市場公正法案」の通称。
アマゾン・コムなど州外での売り上げが100万ドルを超えるオンライン小売業者から、
実店舗を持つ小売業者と同様に各州政府に売上税(日本の消費税に相当する税)を納めることを義務付けるもの。

どのような理由でMYUSという一企業が
免税対象や課税対象になるのか僕は詳しく知りませんが、
MYUSのあるフロリダ州は「消費税が掛かる州」ですので、
“今回のようなこともありえるだろう”と予想できたことです。

僕が気になっているのは、
税金がまた掛かるようになったことより、
今回の税金が掛かりだした問題で、
色々な情報を集めたり、MYUSに問い合わせたりしている人がいることです。

コレは、ホントに時間がもったいないことだと思います。

自分でどうにもならないことに時間をかけることほど、
無駄なことはありません。

 

MYUSを選ぶ理由?

 

そもそも、MYUSは荷扱いの「悪さ」には定評があります。

僕も何度も商品を壊されましたし、
開封時にカッターキズを入れられた事もなんどもありました。

念のためにオプションで「運送保険」をかけても、
「ウチのせいじゃない」とMYUSに突っぱねられたことも何度もあります。

 

保険の交渉もとうぜん英語ですし、
「あ~めんどくせぇ~」ってことで、
無税の州にあって、日本語の通じる転送会社に鞍替えしました。

無税の州はいくつかありありますが、
日本人運営の転送会社は、オレゴン州に多いです。

最近人気のオシャレタウン、ポートランドもオレゴンの街です。

別に日本から転送を頼むだけですから、
オレゴン州でなくとも無税の州ならどこでもいいんです。

 

ただ、大事なのは、

・日本人品質
・日本語対応可能

これだけは、譲れないですね。

 

機会費用

 

何故、日本人品質、日本語対応が譲れないの?

それは、僕は「オポチュニティーコスト」を重視しているからです。

横文字でカッコつけましたがw、日本語だと「機会費用」のことです。

 

機会費用の深い内容は様々なサイトで説明しているので、確認してみてください。

機会費用 検索

 

僕の実体験からお伝えしますが、

MYUSでトラブったり、英語の交渉でストレスを感じながら、
利益にならない補填作業をおこなうよりも、

多少転送コストが高くても、高品質でNOストレスの転送会社のほうが、
結果的に、まちがいなく利益は上がります。

 

副業のサラリーマンは機会費用を重視しよう

 

僕はサラリーマンの副業でAmazon輸入に取り組んでいましたので、
とにかく時間が欲しかったです。

出来る限り利益に直結する事以外は、
やりたくなかったし、やらないように心がけていました。

機会費用以外で考えても、
「1個商品が破損して補填無し」となったら、
それだけで費用的にもトントンです。

 

それでもやはり、MYUSは使っている方が多くいます。

気に入って使っているのなら構いませんが、
う~ん・・・と思いながら使っているのであれば、別の業者も試すべきです。

世の中の転送会社はMYUSだけではありませんからね。

 

今回は以上となります。

ありがとうございました。
田中 光一

 

◯編集後記◯

「試さずにう~ん」な人は
僕はビジネスに向いていないと思います。

コンフォートゾーンから出るのは、誰だって嫌なんです。

でも、そこから出るのが成長です。

僕も日々心がけています。

□■□━━━━━━━━━━━━━□■□

★LINE友達大募集中★

スマホをお持ちの方は、下記より
田中と友達になって頂ければ嬉しく思います!

僕への連絡や相談は、
LINEであればすぐに返信できます!
友だち追加

※お友だちに追加の方には、
コンサル生限定教材を含む4つの教材
全146ページを期間限定でプレゼント中です!

□■□━━━━━━━━━━━━━□■□


 

お役に立ったら、応援クリックよろしくお願いします。

ブログ継続のモチベーションになります!!
↓ ↓ ↓


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村 ブログランキングへ


フエール人気ブログランキングへ

 

■発行者Facebook:田中 光一
■メルマガ登録:メルマガ登録フォーム
■連絡先:info@tanaka-ko1.com


 


PAGE TOP