Amazon輸入 制度融資は公庫よりお得?

こんばんは!

田中です。

 

本日は、

「制度融資について」

というお話ししたいと思います。

 

前回は、

日本政策金融公庫の新創業融資制度を

利用して融資を受ける方法をお伝え致しました。

 

・早速申し込みしてみます。

・とりあえず電話してみます。

・公庫以外もいいところはありますか?

など、何件もメールを頂き、

思っていたよりも、
読者さんから反響があり驚いています。

 

メールを頂いた方達が、現在どれくらいの
収益を上げているのかはわかりませんが、

借り入れをするメリットを
理解しているあたりはさすがです。

 

反響が大きかったのので、

今回も融資のお話をしたいと思います。

 

今回は、

公庫の次に融資を引きやすい、
制度融資の話をしたいと思います。

 

制度融資とは、地方自治体が
独自に設けている融資の制度です。

その中に、

創業資金融資というものがあります。

 

公庫の新創業融資制度と同じで、

・開業してまもない
・これから開業する

どちらかに当てはまる事業者が利用できます。

 

制度融資は、
地方自治体が窓口になる融資です。

そのため、
各自治体で借り入れの条件が異なります。

 

自分のお住まいの自治体名

創業融資

などで検索して、まずは、
お住まいの制度融資を確認してください。

 

制度融資の窓口は各自治体ですが、
実際に貸し出すのは通常の金融機関です。

ですので、
信用保証協会の保証を受けることが大前提となります。

そして、
保証を受けるためには、借り入れ側は、保証料を払うことになります。

 

この保険料も各地方で違いますが、

僕の住んでいる、東京都足立区では、

・300万円の借り入れ
・100%保証
・分割係数 0.55

この条件で、保証料総額103950円です。

 

実際の返済時には、

保証料の他にも、
当然ですが、金融機関の利子も掛かります。

 

ですが、

制度融資経由で借り入れをすると、

利子補填や信用保証料の補填をしてくれる
自治体もありますので、

 

日本政策金融公庫の新創業融資制度よりも
実は有利な場合もあります。

東京都足立区では、

・保証料の2分の1
・3年間1.6%を上限として利子の3分の2

上記の補填がありました。

この補填を考えると、
日本政策金融公庫より安くなります。

補填の有る無しは、
お住まいによって違いますので、

まずは、各自治体に問い合わせをして、確認してください。

 

制度融資では、

自治体、保証協会、民間金融機関と
3つの審査があります。

そのため、
融資の実行まで時間がかかります。

僕は、約2ヶ月程かかりました。

 

3つの審査があるので、

日本政策金融公庫からの借り入れよりも
ハードルは高いと思います。

 

ですが、

理想論や抽象的な話をするのでは無く、

論理的に説明し、
数字でしっかりと見せることが出来れば、融資を受けることは出来ます。

 

保証協会の保証が付くということは、

「一定の信用を得る事ができた」
ということです。

この信用が、後々、
プロパーで融資を受ける際に役立ちます。

・信用保証協会と取引がある企業

・信用保証協会と取引がない企業

金融機関から見た時に、
企業の信用があるのは間違いなく前者です。

 

僕もまだ、
プロパーでの借り入れしれませんが、
後々を考え借り入れをしています。

副業でも、自分のビジネスでは社長です。

堂々と借り入れを申し込みましょう。

 

ひとつアドバイスをするならば、

保証協会の面談では、
「副業」ということ
は言わないほうがいいです。

 

担当者は、こう考えます。

副業でやってる?

本業で事業をやってる人も大変なのに
副業で今後利益をあげていけるの?

 

まぁ、当然ですよね。

僕らのやっている事は、
恵まれているから忘れていますが、

普通、副業で何十万円も稼ぐのは
至難の業です。

保証協会の担当者もそう思っています。

 

ですので、

嘘を付くのはダメですが、
聞かれるまで言わないほうがいいです。

 

もし、聞かれたら

近いうちに辞める予定です
今後はこのビジネス一本でやっていきます

こんな感じで答えると良いです。

 

実際、僕もこんな感じでした。

借り入れは、書類も多いし、
色々と手間がかかります。

 

ですが、

企業として大きくするなら、
必ず通る道です。

創業の時期に、
融資を受けるのが一番簡単ですので、

興味のある方は、
融資を受けてみてください。

 

なにか知りたいことや質問がある時は、

メールを頂ければ、
出来る限りお答えいたしますので、

お気軽にどうぞ!

 

今回は以上となります。

ありがとうございました。

 

田中 光一

お役に立ったら、応援クリックよろしくお願いします。

ブログ継続のモチベーションになります!!
↓ ↓ ↓


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村 ブログランキングへ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■発行者:田中 光一
■メルマガ:https://brutality-ex.jp/fx40371/Blog
■連絡先:info@tanaka-ko1.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


PAGE TOP