個人事業の開業届出書を出してますか?

こんばんは!

田中です。

 

本日は、

「個人事業の開業届出書」

というお話ししたいと思います。

 

副業でビジネスを始める方の多くは、

「少しでもお小遣いが稼げればいい!」

という軽い感覚で
ビジネスをスタートさせると思います。

 

「借金地獄や引きこもり、ニートから
背水の陣でこのビジネスに全てを賭ける」

という、
インターネット上で見かけるような人は
実際はあまりいないと思います。

 

僕も最初は
本当に軽い気持ちでスタートしてます。

ビジネスに取り組む内に
Amazonビジネスの
今後の可能性を目の当たりにして
本格的に取り組んだひとりです。

 

スタートは軽い気持ちで
全然かまわないと思うのですが
利益が出てくると話は変わってきます。

税金を納める義務が出てくるんですね。

 

給与所得以外の年間の所得が
20万円を超えると
確定申告をしなくてはなりません。

「年間の所得が20万円」
なので、
月に17000円以上利益が出ていれば
確定申告の対象になります。

 

月利が17000円なんて、
しっかり取り組めば初月で突破します。

そうなると当然、
年間の所得が20万円なんて
確実に大幅にオーバーしますね。

 

そして、今までは、
気にも留めなかった税金の話が気になり出し、

「年間の所得が20万円以上は
確定申告の対象だよ!」

という事実を知り

「確定申告をしようかな~」
となるわけです。

 

確定申告には、

・青色申告
・白色申告

の2種類があり

青色申告は、最大65万円までの
特別控除が受けられます。

白色申告は、手続きが簡単というだけで、
あまりメリットはありません。

青色申告は、
所得から65万円も引いてもらえます。

どう考えても、
青色申告のほうがお得です。

 

青色申告が、
お得なのはわかりましたが、

ここで問題になるのが、

「個人事業の開業届出書
を提出しているか?」

ということです。

 

開業届を提出していないと
青色申告受けられません。

正確には、

「個人事業の開業届出書」
「所得税の青色申告承認申請書」

この2種類の書類を
税務署に提出しなければなりません。

これらを出していないと、
青色申告で
お得に確定申告が出来ないという訳です。

 

開業届は、
事業開始日から1か月以内に
提出するのが原則です。

ただ、1ヶ月を過ぎて提出しても
とくにペナルティはありません。

 

ですが、提出時期が遅いと
「白色申告しか認められない」

という事態になりますので、
早々に出した方が良いです。

 

「そもそも確定申告しない」

という考えの方もいるかもしれません。

現実的に考えて、
年間の利益100万円程度では
個人に税務調査が入る可能性は
限りなく低いと思います。

 

ですが、

今後、順調に利益が出て、
本気で事業として
取り組む事になった時が怖いでです。

 

法人には税務調査は必ずあります。

その時、税務署は、
過去に遡り色々と調べます。

そして、未申告の所得がバレれば
延滞税や無申告加算税、重加算税などで
ごっそり税金を納めることになります。

延滞税

加算税

当時の納付金額は、
数万円のだったものが

各種ペナルティで、
納付金額が跳ね上がります。

 

・小遣い稼ぎでやってるだけ。
・すぐに副業はやめるから。

こんな人は、
個人の判断に任せますが、

「いずれ事業として、
大きな利益を出す予定だ!」

という方は、

 

必ず

「個人事業の開業届出書」
「所得税の青色申告承認申請書」
を提出して、
確定申告をしてください。

「納税」というと
なんか損した気になりますが、

メリットも多くありますので、
きちんと納税して、
気持ちよくビジネスを行ないたいですね!

 

今回は以上となります。

 

ありがとうございました。

田中 光一

 

お役に立ったら、応援クリックよろしくお願いします。

ブログ継続のモチベーションになります!!
↓ ↓ ↓


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村 ブログランキングへ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■発行者:田中 光一
■メルマガ:https://brutality-ex.jp/fx40371/Blog
■連絡先:info@tanaka-ko1.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


PAGE TOP