嫌がらせには購入制限が有効

こんばんは!

田中です。

 

本日は、

「購入制限」

というお話ししたいと思います。

 

カートシステム

ビジネスをしていると、
あの手この手で
嫌がらせをしてくるライバルがいます。

Amazonは、
販売のシステムとして、
「カート」というものがあります。

カートは基本的には、
「カートを獲得したセラーが、販売機会を得る」
と考えてよいシステムです。

そのため、

カートを取りたいがために
嫌がらせをしてくる
ライバルセラーが多くおります。

 

注意したい商品例

特に、

・ライバルが少ない
・高額商品

このような商品は、
嫌がらせセラーが増える傾向があります。

 

「出品商品を買い占め、
 支払い方法はコンビニ決済を選んで、支払いはしない」

このような事をされると、
その商品は出荷手続き中になり、
販売ページに表示されません。

そうなると、

必然的に、僕以外のセラーが
カートをとることになります。

 

「本当に支払い忘れていた」

という場合もあるかもしれませんが、
何度も繰り返し起こる場合は、
嫌がらせをされていると思ってほぼ間違いないでしょう。

 

対処方法は?

そんな時は、
まずはテクサポに連絡です。

「商品を大量に買われ支払いがない」
「1回だけではなく何度もある」
「本当に欲しい購入者様が購入機会を奪わている」

このように連絡してください。

Amazonも
嫌がらせセラーの存在は
認識しておりますので、

テクサポの判断と動き次第になりますが、
比較的対応してくれます。

 

購入制限の掛け方

また、買い占め防止として、
購入制限を掛けるのも有効です。

セラーセントラルの在庫管理ページ

詳細の編集

出品情報

最大注文個数

制限をかけたい個数を入力します。

これで買い占めは出来なくなります。

ただ、
本当に複数個欲しい購入者も
制限数しか買えなくなります。

ですので、

なんでもかんでも、
購入制限を掛けるのではなく、

高額商品や
普通は大量に買わないであろう商品に
限定して対応したほうが良いです。

 

嫌がらせをする意味ってある?

僕は、嫌がらせ的なことは、
一度もやったことはありませんし
やろうとも思いません。

そんな事をしている暇があるなら、
1個でも多くリサーチするとか、
仕入れ先を開拓するとか、発展的な時間に使いたいです。

個人的には、
このような嫌がらせセラーはレベルの低いセラーだと思いますので、
相手にするだけ時間の無駄だと感じています。

嫌がらせしてまで
売り上げを上げたい気持ちは
ある意味、立派だとは思いますが、

そんなことよりも、

自分を高めることが
最も売り上げを高める方法だと
僕は思います。

今回は以上となります。

ありがとうございました。
田中 光一

 

◯編集後記◯

事務所を移転して約1ヶ月が経ち
感想としては、
「もっと早くやっておけば良かった」
と思いました。

以前に比べ、
コミニュケーションや荷受けなど
圧倒的に効率的になりました。

やっぱり、
”やろうやろう”と思っていることは、
すぐにやるべきですね!

 

お役に立ったら、応援クリックよろしくお願いします。

ブログ継続のモチベーションになります!!
↓ ↓ ↓


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村 ブログランキングへ


フエール人気ブログランキングへ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■発行者:田中 光一
■メルマガ登録:https://brutality-ex.jp/fx40371/Blog
■連絡先:info@tanaka-ko1.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


PAGE TOP