Amazon転売 仕入れや外注の判断基準とは?

こんばんは!

田中です。

 

本日は、

「選択の判断基準」

というお話ししたいと思います。

 

自分でビジネスをするということは、たとえ副業であっても、
「経営者」になるという事です。

「経営者」は、雇われのサラリーマンとは違い、

会社からの命令や上司からの指示などは、一切ありません。

自らの判断でビジネスを全て進めて行くことになります。

 

ビジネスは、決断の連続です。

 

例えば、

せどりに参入するか?
欧米輸入参入するか?

この選択から始まり、

〇〇を仕入れるか?
〇〇を仕入れないか?

自社発送にするか?
FBA発送にするか?

人を雇うか?
外注にするか?

それとも、
ひたすら自分一人でビジネスをするか?

日々、決断の連続ですね。

 

数々の決断の中には、
非常に悩む問題もあると思います。

 

しかし、

悩んで迷っている時間というのは、
はっきり言えば、時間の無駄です。

迷っている間、ビジネスは止まっています。

一歩も進んでいないのと同じです。

 

いかに迷わずに、
^^^^^^^^^^^^
素早く判断することが出来るか?
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

これがビジネスには最も重要です。

もしも、判断に誤りが有ったならば、
修正すればいいだけの事です。

「判断ミス」と「修正」

両方の経験が手に入るのですから、儲けものです。

この経験を次に活かして行けば良いだけです。

 

最悪なのは、迷って歩みを止めること。

止まった状態では、
何も得る事が出来ませんね。

 

そうは言っても、

判断に迷う事もあります。

 

その時に大切なのが、

「選択の判断基準」を持っているか?

ということです。

 

僕の「選択の判断基準」は、

・自分の時間を減らさない。
・長期間稼ぐ事ができる。
・自分が成長できる。
・人を笑顔にできる。

大きく分類すると、この4つです。

 

先程の例ですと、

せどりに参入するか?
欧米輸入参入するか?

この選択では、

独占販売権の獲得や代理店などで、
せどりよりも稼ぎの天井値が高い
欧米輸入を選択します。

 

〇〇を仕入れるか?
〇〇を仕入れないか?

この選択では、

もちろん商品によりますが、

利益率が高くても、
需要が低いものは仕入れません。

利益率が低めだったとしても、

需要のあるものだったら仕入れます。

 

自社発送にするか?
FBA発送にするか?

この選択では、

自分の時間を確保するために、
FBA発送にします。

 

人を雇うか?
外注にするか?
それとも、
ひたすら自分一人でビジネスをするか?

この選択では、

全て一人では時間が足りないので、
外注化を進めます。

その後、ビジネスの仕組み化をしてから、
少人数雇用して、
僕がいなくてもビジネスがまわるようにする。

 

この例のように、

「選択の判断基準」をもとにして
決断していきます。

先にもお伝えしましたが、

ビジネスは、決断の連続です。

決断の先に自分の姿があります。

 

なので、当然、

選択の判断基準は人によって違います。

 

会社を上場したい。

という人は、
僕の選択の判断基準では、合わないですよね。

 

とにかく金儲けが出来ればいい。

という人は、
例えグレーな方法でも、
短期間でで大きく稼げればいいんだ。

という選択をするでしょう。

 

まずは、

将来の自分のなりたい姿を想像して、
「選択の判断基準」を決めましょう。

 

いずれは、自分の成長に合わせて
「選択の判断基準」を変えたって良いんです。

自分が成長したら、
色々な基準も変わりますから当然です。

ただ、

あっちにフラフラ、
こっちにフラフラするような

判断基準ではいけませんね。

しっかりと、

ブレない軸を持つ事が大切です。

 

今後のビジネスにおいて、

決断で迷い、足を止めることの無いよう、

しっかりと自らの
「選択の判断基準」を持って、

ビジネスに取り組んでいきましょう!

 

今回は以上となります。

ありがとうございました。

 

田中 光一

 

お役に立ったら、応援クリックよろしくお願いします。

ブログ継続のモチベーションになります!!
↓ ↓ ↓


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村 ブログランキングへ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■発行者:田中 光一
■メルマガ:https://brutality-ex.jp/fx40371/Blog
■連絡先:info@tanaka-ko1.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


PAGE TOP