Amazon輸入で結果を出す人の特徴とは?

こんばんは!

田中です。

 

本日は、

「コストカット」

というお話ししたいと思います。

 

僕が相談を受ける内容で多いのが、

「利益が出る商品が見つかりません」

という相談です。

 

先日のメルマガでもお伝えしたように

Amazon輸入で稼ぐには、
リサーチは必須です。

http://tanaka-ko1.com/research

 

しかし、

リサーチをがんばっていても、
中々、良いに出会えないこともあります。

 

ですが、大前提として、

僕とあなたとでは、
利益の出る商品の選定基準が違います。

 

仕入れの基準は人それぞれです。

 

例えば、

・利益率15%以上
・利益額2000円以上

上記の仕入れ基準ですと、

・利益率10%
・利益1500円

このような商品は、
「仕入れしない商品」になります。

 

ですが、

「仕入れしない商品」も
様々なコストをカットすることで、

「仕入れる商品」にすることが出来ます。

 

Amazon輸入での主なコストは
以下の5つです。

・消費税・関税
・梱包費
・海外から日本への送料
・FBAへの納品費用
・お客様への配送費用

消費税・関税については、
基本的にコストカットはできません。

 

商品代金を低く申請すると、
脱税になるので注意しましょう。

 

消費税・関税以外の残り4つの項目は、
コストを削減することが出来ます。

 

・梱包費

自分で梱包するなら、
1円でも安い梱包資材を使いましょう。

僕はここで購入しています。
https://www.notosiki.co.jp/

 

・海外から日本への送料

自分に合った転送会社を見つけることで、
コストが削減出来ます。
また、値下げ交渉しても良いです。

 

・FBAへの納品費用

配送業者と運賃契約を結び、
送料を安くできます。
FBA限定で安くする契約も可能です。

 

・お客様への配送費用

上記のFBA納品費用と同じく
配送業者と運賃契約を結び、
送料を安くできます。

配送業者と運賃契約を結ぶのは簡単です。

いつもの配達員の方に、
話を持ちかけるだけです。

月極なので、
キャッシュフローも良くなりますし、
是非、契約を持ちかけてください。

それでも心配な方は、

上手く良い契約を取る方法を
こちらに記載しておきますので、
参考にしてください!
http://tanaka-ko1.com/report/DriverKnowhow.pdf

 

それと、

僕が使っている転送会社は、
こちらになります。
http://tanaka-ko1.com/report/TransferCompany.pdf

こちらも、
参考までにご覧いただけたらと思います。

 

初期の段階では、コストカットは、
あまり意識しなくても良いかと思います。

コストカットよりも

「リサーチして仕入れて売る」
という経験が一番大切です。

 

ですが、
ある程度、経験も積み

「ドンドン利益を出していくぞ〜〜」
となったら、

コストカットは意識してください。

 

Amazon輸入は作業の多いビジネスです。

作業ごとにコストが発生しています。

 

一つ一つは小さいコストでも、
ちりも積もれば山となる です。

 

このビジネスでは、

きちんと細かい事をやっている人が、
結果を出している気がします。

 

今回は以上となります。

ありがとうございました。

 

田中 光一

 

お役に立ったら、応援クリックよろしくお願いします。

ブログ継続のモチベーションになります!!
↓ ↓ ↓


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村 ブログランキングへ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■発行者:田中 光一
■メルマガ:https://brutality-ex.jp/fx40371/Blog
■連絡先:info@tanaka-ko1.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


PAGE TOP