Amazon 出品カテゴリー申請方法

 

こんばんは!

田中です。

本日は、

「カテゴリー申請は早めに行おう!」

というお話ししたいと思います。

 

Amazon.co.jp は、
ヤフオクと違い、なんでもかんでも販売できる訳ではありません。

 

下記の8のカテゴリーは、
アマゾンに申請をしなければ出品できません。

 

●出品許可の申請が必要なカテゴリー

・ビューティー
・服&ファッション小物
・食品&飲料
・ドラッグストア
・ジュエリー
・ペット用品
・シューズ&バッグ
・時計

出品許可のための
カテゴリー申請をすることが出来るのは、大口出品のみです。

もし、
あなたの出品アカウントが小口出品でしたら、
すぐに大口出品に変更しましょう。

 

大口出品は月間登録料が
4900円かかりますが基本成約料は無料です。

ですので、
月に50個以上商品を販売するのであれば、
基本成約料が1点注文100円の
小口出品の方が、基本成約料で割高になります。

基本成約料の面から考えても、
本気で月利50万円を目指すなら大口出品にしたほうがいいと思います。

 

さて、上記の8つのカテゴリーですが、
出品のための審査が年々、厳しくなっています。

以前は、申請するだけで簡単に出品権限が付与されましたが、
今は、却下されることもあります。

 

僕も、
先日、サブアカウントでの食品&飲料カテゴリー申請で審査に落ちました。

1年前に行なった、食品&飲料のカテゴリー申請ではすんなり通っていましたので、
まさか、落ちるとは思ってもみませんでした。

 

アマゾンから届いた出品許可見送りのメールがこちらです。

http://tanaka-ko1.com/report/Category.pdf

カテゴリー申請をした時に、
アマゾンから、仕入れの請求書の提示を求められました。

 

当然、ネットで仕入れていた商品ですので、注文確認メールを添付したところ、
審査対象外の書類として却下されました。

 

1年前の申請では、書類提出などせずに許可が下りていたと思います。

あまりにすんなりだったので、覚えていないほどです。

 

それが、この1年でここまで厳しくなるとは予想していませんでした。

 

5年前は、申請のボタンを押すだけで大丈夫だった
という話を聞いたこともあります。

この話から考えても、早めに申請したほうがいいと思います。

 

カテゴリー申請の仕方は、

 

セラーセントラル 右側のヘルプ

ヘルプ最下部の お問い合わせ

Amazon出品サービス

商品登録の問題、および出品申請

商品登録または表示

商品によっては出品申請が必要です

出品申請が必要なカテゴリーを表示し申請する

カテゴリーを選び、出品を申請

 

この手順でカテゴリー申請ができます。

 

今は出品していないカテゴリーでも、いずれ出品することになるかもしれません。

今後のあなたのビジネスの状況でどうなるかわかりません。

 

その時に、
焦って申請という事になら無いためにも
カテゴリー申請しておくことをおすすめいたします。

 

今回は以上となります。

ありがとうございました。

 

田中 光一
お役に立ったら、クリックお願いします!
↓ ↓ ↓


輸入・輸出ビジネス ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
にほんブログ村

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■発行者:田中 光一
■メルマガ:https://brutality-ex.jp/fx40371/Blog
■連絡先:info@tanaka-ko1.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


PAGE TOP